夫の金銭感覚を変えた私の一言

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

夫と私の自己紹介でも書いてる通り

夫と私は基本的に共通点が少ない上に価値観が違うことも多いのですが、

金銭感覚もそのうちの一つです。

お恥ずかしながら、金銭感覚が違いすぎる為に口論になったことが何度もあります。

「払わなくていいお金を払うような人と結婚はできない!」

これは結婚前に私が夫に言い放った一言です。

事の発端は夫が携帯代の支払いを期日までにできそうになくて

「あ、携帯代の支払い今日までやった!

でも給料日明日やしな〜。お金ないから明日払おう♪」

って独り言を言ってたのを聞いてしまったからなんです。

手数料や延滞料金を払った事のなかった私からしたら有り得ない台詞でしたので、

「今日までに払えば延滞料金払わんでいいんやろ?

私のお金無利子で貸してあげるから今日中に払って!」

と言ったら、信じられない返事が返ってきました。

「だって、たったの20ドルやで?明日給料日やから明日払うって!」

借金と同じくらいお金の貸し借りも嫌いな私が

彼が私の婚約者だったので善かれと思って提案したことだったのに

こう言われた瞬間に

「払わなくていいお金を払うような人と結婚はできない!

20ドルあったら私の好きなチョコレートバー何本買えると思ってるの?!

お金を大切に出来ない人との結婚生活なんて考えられへん!

と言い返しました。

その当時は彼はまだ夫ではなく婚約者だったという事もあって

彼の給料の使い方についてあれこれ小言を言う事はできるだけ控えていたのですが、

この件に関しては私どうしても口を挟まずにはいられませんでした。

 それからの夫の変化

夫にとってはよっぽど衝撃的な一言だったのでしょうね。

その場ですんなりと私の言い放った事を真摯に受け止めたようで

「じゃぁ、明日絶対に返すから80ドル貸してくれる?」

と言われましたのでお金を渡し、支払いをしてもらいました。

それからの夫は、支払い関係は期日までに支払うようになりましたし

欲しいものがあると私に必ず相談してくるようになりました。

夫としては当てつけがましくしてたわけではないと思うのですが、

しまいには5ドルくらいのチョコレートを買う事にすら

私の許可を求めるようになって来てしまいました。

さすがに何かを買う度に許可を求められるのは面倒なので

”お小遣いの範囲で、借金せずに買えるなら何を買ってもいい”

と言ってあります。

それ以来、高い買い物もお金を貯めてから買うようになりました。

 現在の夫

あの頃に比べたら大分お金管理が出来るようになって来たと思います。

私からしたらまだまだ無駄遣いしてるなって思うところはあるのですが

あまり小言を言うとお互いに苦しくなるし

惨めな口論を繰り広げることになるので目をつむるようにしています。

お金管理のことはなかなか話し合いしにくい議題ではありますが

だからこそ夫婦で話し合う事が大切だなと日々感じています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加