【私の物欲の満たし方】妥協しないで本当に欲しいものを買う

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

収集癖をどうにかしたい!

そう思い始めて1年くらい経ちました。

収集癖は落ち着いてきましたが、今も買い物は大好きです。

でも、買い方1つで自分の物欲を満たせる事に気付きました。

食器の収集癖に陥りそうだった私が、買うのを止めれたきっかけ。

今の家に引越してくるまでは

かなりダサめの食器を使っていたので

私好みのものを買いそろえたいと思い、北欧系のもの中心に

私が気に入った物を買っていました。。

自分なりに”食器を買うときは収納する場所を確保してから!”と決めてはいたんです。

でも色んなサイズを買い揃えていくうちに、

そして、買っても買っても素敵な食器を見つけてしまって

気が付けば収納場所がパンパンになってきていました。

この時点で完全に2人暮らしに必要な量以上の食器の量でした。

でもそれでも食器に対する物欲は消えませんでした。

ずっと欲しいと思ってた食器があったんです。

 

それがこちらの2種類です。

私がこのお皿を買った時には確か両方廃盤になってて

お店ではすでに販売されていなかったんです。

でも、この2種類のお皿がどうしても欲しくて

ずっとネットで探しまわっていたら、ようやく新品のが見つかりました。

でもフィンランドからの個人輸入、

しかもお皿4枚(各2枚ずつ)+送料で130ドルくらいしたんです。

大分悩みました。

”お皿はいっぱい持ってる、でもこの機会を逃したらもう買われへんかもしれへん!”

3日くらい悩み続けた結果、やっぱり購入する事を決意したんです。

そうしたら、それ以来、食器に対する物欲がスーっと消えていきました。

自分でも驚きました。

欲しい物は手に入らないから、その物欲を埋める為に他のものを買ってた事に気付く。

私は心底この2種類のお皿が欲しかったんだと思います。

欲しかったら買えばいいだけの事なんですが

廃盤になってるものを入手するのは大変です。

運良く見つけたとしても、ものすごい高値がつけられてる事もあります。

私の場合は、探しても探してもこの食器を見つけられず購入できなかったので

この物欲を埋める為に代わりの食器を買い続けてたんだと思います。

本当に欲しいものを手に入れたら、無駄に物を買わなくなる

新たな発見でした。

買う前によく考える癖をつける。気に入った物を一つだけ。

私の持ってるものって、似通ってるんです。

カバンも大好きで一時期集めてたのですが、

よく見てみると同じような色、形のものが3つくらいあるんです。

他人が持ってるのを見て

”あ、あれ可愛いし使いやすそう!”

って思った時には9割の確率で私も同じようなものをすでに持ってるんです。

洋服も同じです。

着心地のいいものは、わざと同じものを複数買うときもありますが

そうでないものでも色、形、丈、全部が似通ってるんです。

では、なぜ同じようなものを買い集めてしまうのか?

それは

自分が本当に欲しいと思ってる物ではなく、

少し安めで似た物を妥協して買っていたから

なんです。

それが分かってからは自分が欲しいと思った物があったら

”本当に欲しいのか?使うのか?似た物を持ってるんじゃないか?”

と買う前に考えられるようになりました。

物を処分する事に罪悪感があるなら、最初から買わなければいいだけの事

昔の私は後先考えず、特に捨てる時、処分するときの事は考えず

欲しいと思った物は買っていました。

でも、洋服1枚にしても捨てるのにものすごいエネルギーがいるんです。

”捨てる”ということに罪悪感を感じてしまうんです。

それなら、最初からちゃんと考えてから買い物するべきですよね。

限られたお小遣いの範囲内でしか欲しい物を買えなかった

小学生時代の私の方がよっぽど買い物上手でした。

買うもの一つ一つに敬意を払い大切に使っていきたいものです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加