【発見と気付きの連続】掃除と片付けの意外だった効果

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

最近、ようやく掃除しようと思いながらも後回しになってた箇所の掃除や

片付けたいと思っていたものを片付け始めました。

少しずつですが、不必要なものを処分していってます。

ちょっと前までは捨てるのを躊躇ってたものも

なぜか最近は潔く処分できるようになってきました。

掃除していると、頭の回転がよくなるのかアイデアが閃く

実は、トイレ掃除だけは去年の夏頃から毎日欠かさずやってるんです。

やり始めた頃からつい最近まではただ掃除してるだけだったんですが

ここ1、2か月くらいはトイレ掃除してる間に何か閃く事が増えたんです。

なぜだか分かりませんが、急に”あ!あれやろう!”って閃くんです。

トイレには神様がいる”って言うじゃないですか?

神様のお告げなのかな、って勝手に思っています。

最初はトイレ掃除の時にだけ閃いてたんですが、

ここ2、3日は家の他の箇所の掃除をしてる時にも

やっぱり同じ事が起こるんです。

そんな大した事ではなくて

”夫に気持ちよく寝てもらう為にベッドシーツ取り替えよう”

”パントリーの整理しよう”

”買うか迷ってたあの本、やっぱり買う事にしよう”

とか、こんな程度の事なんですけどね。

でもその結果、よく寝れたからなのか夫のイライラ具合が改善されてたり

パントリーの中から忘れてたお宝(日本食です!)を見つけたり

ちょっとした幸せをもたらしてくれます。

日本食は、”勿体ないから、いざという時のために取っておこう!”

(※いざという時というのは、ホームシックでたまらなく海外生活が辛くなった時です。)

って思って隠しているので、気が付いたら消費期限が間近だったり

切れてる時があるんです。信じられない事に隠してた事を忘れてる時もあります。

”パントリーの整理しよう”と思い立って、

即行動に移したおかげで消費期限が近づいてた高野豆腐を救えました。

高野豆腐、日本にいた時はどちらかというと嫌いだったのに

何故か急に食べたくなって購入したんです。

ないものねだりなのか?加齢による味覚の変化なのか?

自分の欲する物がよく分かりませんが、久しぶりに高野豆腐頂きました。

片付けをしながら気付く事。

自分でも”捨てられない性格”っていうのは分かってるのですが、

自分で思ってた以上にややこしい性格で、

神社やお寺などの神様の宿る場所の写真はどうしても捨てられないんです。

それなら捨てる必要はないのかもしれませんが、

持っててもどうしようもないのでどうにかしたいんです。

今の段階では”大切にしまう”以外どうすることもできそうにありません。

ちなみにこの写真は、夫と日本に行った時に撮った写真を使って

スクラップブックを作った時のあまりです。

捨てるに捨てきれない写真を見ててこんなことを思いました。

”今まで大量に写真を撮ったけど、見返した写真って一体何枚あるやろう?

旅行に行く度に大量に写真を取る意味ってある?”

SDカードって便利です。

あんな小さなものの中に大量のデータを保存する事が出来ます。

小さなものだから保管場所に困らないからこそ、

ついつい撮り溜めた写真を放置してしまっています。

私は自分の撮った写真を誰かに見せる事はほとんどないし、

見せるとしても私が撮ってたほどの枚数は絶対に必要ありません。

一回の旅で2000枚〜3000枚の写真を撮ってたんです。

他の人に見せる事もないし、自分で見返す事もない。

それじゃ、写真撮った意味なかったな〜ってふと思いました。

それに印象に残ってる風景って脳裏に焼き付いてるものですよね。

写真撮るのが好きなので

”旅行中全く写真を撮らない”というのは無理そうですが、

次にどこか旅行に出かける時にはカメラに触れる機会を減らして

その場の雰囲気、”そこにいる”ということを楽しんでみたいなと思いました。

写真に並んでもう一つ捨てられないのが手帳類です。

これも写真と同様で後から見直す事はほぼありません。

たまに書いてた日記みたいなものとかはどうでもいいのですが、

移民に関する手続きや、結婚に関する手続き、

家関係の事を細かく記入してあるっていう事と、

今後PRカード(移民者に政府が発行するカードです。)

の更新時に必要な情報が書かれてるかもしれないので

とりあえず置いておくことにしました。

その代わり今後はファイルに毎年カレンダーを足していって

移民関係、家関係、病院関係、その他諸々大切な事を記入していく

専用のファイルにしようと思っています。

手帳のある生活を再開しましたが

全ての手帳を保管しておく必要はないと思っています。

自分の中で、”もうこの手帳はいらない”と

思えたタイミングで手放す事を前提に

手帳生活を楽しもうと思っています。

片付ける度に自分の”コレクション”に驚く

チケットの半券、大量にためた紙袋、エコバッグなど

”今後、これを持っててどうするの?”

と思わず自問自答したものがたくさんありました。

当時は何らかの理由で手放したくなかったから捨てなかったのだと思います。

今となっては、その理由を思い出す事すら出来ませんが。

ダンボール箱にいたっては、

私が一人暮らししてた場所から夫と一緒に住む為に

引っ越した時に使用した箱です。

その後、アパートから現在の家に引越した時にも使いました。

7年も所有してたなんて信じられないです。

というよりも、今の家に引越して4年も経つのに

未だに荷解きが完全に終了してなかった事に驚きですよね。

ダンボール箱に突っ込んでる新聞の日付は2010年でした。

何のために今までこの新聞とってたんでしょう。本当に謎です。

真ん中の白いのは荷物を梱包する時に使うクッション材です。

プチプチもいっぱいあったんですが少しだけ残して捨てました。

義両親や友達に荷物を送る事があるので

色んなサイズのダンボール箱も取ってあったんですが

綺麗なものだけを残して後は処分しました。

自分に収集癖があるのは自覚してましたが、ゴミまで収集してたなんて

自分にガッカリです。

次の断捨離候補

ひどい状態ですよね…。

底がボコボコになってるので均等に熱が行き渡りません。

でも捨ててないのは、これは夫の所有物だからです。

きっと15年は使い続けてると思います。

夫の所有物を勝手に捨てないというのがルールなので

まだ処分してないのですが、夫に聞いて承諾を得れたら

感謝の気持ちを述べてからお別れしようと思っています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加