【時に完璧主義者は自滅する】英語の勉強を通じて学んだ事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

私は基本的にはズボラで怠け者なんですが

一つこだわりだしたら、とことん追求する完璧主義な一面もあるんです。

その一つが英語で、

英語に関しては夫にも呆れられるくらい

強いこだわりがありゴール設定が高いんです。

現状に満足できない私

そもそも私が本格的に英会話を学ぼうと思った時の英語力は

挨拶がどうにかできる程度のものでした。

それに比べれば今は大分上達しましたが、

”もうカナダに丸7年もいてるのに、全然思ったように英語力が上がらない!”

って思う事があります。

人と自分を比較したくはないのですが

2009年、私がカナダに来た年に生まれた子たちは

今年で7歳、立派に英語を話しています。

それを思うと”私の7年はなんやったわけ?”と思ってしまうわけです。

夫には

「子供が唯一できるのは”学ぶ”ってことなんやで?

月々の支払いや仕事の心配しなくてよくて、

しかも脳みそはスポンジのごとくなんでも吸収していく。

そんな子供たちと君を比較した所でどうにもならへんやん。

生活に必要な英語力はすでに身につけてるのに、

何で現状に満足できへんの?なんで自分の努力を受け入れられへんの?

目標設定を高くするのは必要な事やけど

たまには少し下げて、現状の自分に満足する事だって必要やで?」

と言われてしまいました。

自滅への道

夫の言ってる事はよく分かります。

子供の脳みそに、私の脳みそが敵うわけがありません。

自分なりに勉強方法を変えたり新しい事を試してみたり

色々試行錯誤していますし、普段の生活の中で

”あ、ちょっと英語力上がったかも?”って思える瞬間もたまにあります。

でもやっぱりそれでは納得できなくて

”あー、いつになったらもっとマシな英語話せるようになるんやろう…”

と鬱っぽくなる時もありました。

ストレスが溜まりすぎて泣き続けた時もあります。

”話せないから泣いている”のではなくて、

思うように英語力が伸びない事にストレスが溜まって泣いてたんです。

自分でも十分話せてるのは分かってましたが

そのレベルでは納得できなかったんです。

こうなったら最後、どんどんひねくれていく一方でした。

褒めてもらっても

「うるさい!完璧に話せるアンタに言われたくない!」

といった調子です。

2009年生まれの子供たちと自分を比較してる時点で

相当ひねくれてますよね。

自分を苦しめて自滅の道まっしぐらだったのは勿論ですが、

知らぬ間に夫にまで悪影響を及ぼしていました。

無意識のうちに夫を苦しめていた私。

夫には

”自分のせいで英語を勉強しなければいけない状況に追い込んでいる”

という負い目があるようです。

昔大喧嘩した時に、

「”話し合おう”て何度もう言うけど、そんなに話し合いたいんやったら

あんたが日本語勉強したらどうなん?

カナダに住んでる以上英語が必要なのは分かってるけど

あんたとコミュニケーション取る言語が英語である必要はないやろ!」

と冷たく言い放ったことがあるからだと思います。

夫にはこんなこと言いましたが、

カナダで日本語を習得するのはかなり難しいと思うので期待はしていません。

毎日英語を使う機会があっても習得するのは難しいのに

日本語を使う機会のないカナダで日本語を学べというのは酷かなと思っています。

それに夫と結婚する事を決めた時に移民することになるのは分かってたので

カナダに住んでる以上は私がある程度の英語力をつける義務があると思っています。

そんなに英語力を上げたければ学校に行けばいいのですが、

私の英語力が語学学校に行く程低くもなく

でもネイティブスピーカーのようには話せない中途半端な英語力なので厄介なんです。

ある程度は話せても、前置詞や冠詞を正しく使えなかったりするのが

私にとってはとてもストレスです。

でも相手に私の言いたい事は伝わってるので

夫にしてみれば”意思の疎通ができてるんやから、十分やん!”と思うようです。

私が夫を傷つけてた一番の理由は

「十分話せてるやん」

と夫が言ってくれても社交辞令だと思い

そのコメントを素直に受け入れてなかった事です。

「君は、僕の事を信用してへんってこと?

思ってない事は言わへんし、下手な英語やったら語学学校行くよう言ってる!」

って何度も言われてます。

私が自分の英語にいつまでたっても自信を持てない事も見てて辛いようです。

遂には、

「その英語に向けてるエネルギーを、別のものに注げば?」

とまで言われてしまいました。

目標の8割クリアできたらよしとする。

冷静になってみると

今の私の英語力は、11年前に英語の勉強を始めたばかりの私が

目標としてた英語力より上回っています。

でもネイティブスピーカーに囲まれてると

自分の英語がいつまでたっても上達してないように思えて

”もっと、もっと”と自分を追い込んでいってたんだと思います。

完璧目指し、自分に厳し過ぎるたために夫にまで迷惑をかけてしまいました。

家事はやるべき事の半分くらいしか出来てなくても

”よくやった!”って自分を褒めれるのに

英語のことになると、なんでこんなに完璧を求めるのか

自分でもよく分かりません。

目標を高く設定し、それに突っ走る事が悪い事だとは思いませんが、

あまり頑になるとよくありませんね。

8割クリアできたらよしと思えるようにしていきたいです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加