整理整頓・片付け・掃除を始めてからの変化

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

昨年の年始からずっと、

整理整頓・片付けをしないといけない、したい、とは思ってはいたものの

実際に取り掛かり始めたのは11月の末になってからでした。

この1か月半ほど整理整頓・片付けをし続けて

自分の中にちょっとした変化がありました。

ガラーンとした空間を見ると嬉しくなる。

デッドスペースは埋めるものと思ってた過去の私

この1か月半で、大量のモノを処分しました。

そのおかげで、収納スペースにかなりゆとりが生まれました。

以前はデッドスペースを見つける度に

”あ、この空間もったいない!”

と思っては何かを収納しようとしてたんです。

でも今は違います。

ゆとりのある収納スペースを見て、

”あ、なんかこの余裕がいい。

これを維持したい。ここには何も置きたくない。”

と思うようになったんです。自分で自分にビックリです。

私にとっては大きな変化です。

ストックがありすぎると管理が大変&適正量が分からなくなる。

矛盾しているかもしれませんが

ストックをしたくない、というのも

ストックをしときたい、というのも

両方とも私の正直な気持ちなんです。

家から徒歩10分のところにスーパーがあるので

なくなってから買いに行けばいいというのは頭では分かっています。

でもストックのある生活に慣れすぎて、

ストックがないと不安になるようになっていました。

本当にストックしておきたいのはトイレットペーパーだけ

私の大量のストックコレクションを眺めながら思ったことです。

大抵のものは何かで代用できます。

でもトイレットペーパーはそういうわけにはいかないし、

夫からクレームが来ると思うので

我が家に必要なストックはトイレットペーパーだけなのかもしれないと気付きました。

カナダは冬が長いのでトイレットペーパーがなくなったからといって

-30℃の中買いに行くのは嫌なので、これだけはストックしておきたいと思います。

ストックを持ちすぎて適正量がマヒしていた私

主に日用品に関してです。

今使ってる分がなくなったら買いに行く、という生活なら

在庫の管理をする必要はないし、買い時も分かります。

でも私は大量のストックがある暮らしに慣れてしまってたので、

少しでもそのストックが減ると補充したくなって

セール値の時に買ってしまっていたんです。

”セール値の時=ストックの買い時”という図式が出来上がっていました。

いくつストックしてあるか把握することなく、

なんなら大量にまだストックがあるのにひたすら補充していました。

ストックをしたくないのに、ストックをすることをやめられない自分と

日々戦うことに疲れていたように思います。

ストックを見てて思ったこと

ストックを大量にすることの最大のデメリットは

現金を手元に残せないことだと思います。

急に現金が必要になった時に

「ごめん、いまちょっと持ち合わせがないから代わりに

この洗剤でもいいかな?」

というのが通用するならともかく、残念ながら通用しません。

やっぱりいざという時に役に立つのは現金です。

とか言いながらも先日のボクシングデーで

ティッシュのまとめ買いしてしまったんですけどね…

【ボクシングデー】自分の意志<安値~安値の誘惑には勝てなかった~
当ブログへのご訪問ありがとうございます。 25日のクリスマスの日は どこのお店もほとんど閉まっていて 町中シーンと...

昨日、ふと思ったんです。

”こんなにストックを買わなかったら、昨年一年で

一体何ドル私の銀行口座に残せたんだろう…”

こう思ったのはお金の運用に興味を持ち始めたからかもしれません。

例え自分の口座に残せたお金が100ドルでも

向こう1年使わないであろうストックに使うのか、

うまく運用して1年後に100ドルから120ドルに増やすのか。

後者の方が今の私には魅力的です。

この1か月半でお家から不要なものが出て行ってスッキリしただけでなく

いろんな気付きがありました。

今年は今使ってる分+1つストックを目指そうと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする