【夫の収入が半減】お金のかかる趣味ばかりの夫は悪戦苦闘中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

先日、夫が家に帰ってくるなり

「こんな少ない収入で、こんな仕事やってられへん!」

とイライラしながら帰ってきました。

実は、夫の現在の収入は私たちが家を買った時の約半分なんです。

転職による収入減

2年前にキャリアチェンジした夫

夫が私に転職したいと言ってきたのは2年前の事でした。

当時やってた仕事が肉体的にきつくなってきたから

もう少し身体の負担を減らせる仕事に就きたいという事だったんです。

私は常々夫に”やりたいことを仕事にして欲しい”と言っていましたので

夫の申し出を快諾しました。

夫は未経験の業界に転職したので、収入はそれまでの約2/3になり

おまけに、個人経営の小さな会社だったので福利厚生はなしです。

夫は私に申し訳なさそうにしていましたが、

私は生活できればそれでいいので別に何とも思っていませんでした。

(正直、福利厚生がなくなるのは痛いなと思っていましたけどね。)

働き始めて最初の5ヶ月くらいは機嫌よく働いてたのですが

ボスと仕事に慣れてきた頃から夫が不満をタラタラとこぼすようになりました。

ボスの計画性と管理能力のなさに嫌気がさしてきたようです。

結局、また夫から

「転職しようと思うねん。」

と切り出されました。

今度は、同じ業界だけど個人経営の会社じゃなくて

福利厚生のある会社に転職したいとのことでした。

私は前回と同じく、快諾しました。

これが昨年の春の事です。

ただ、この時は福利厚生はあるけどお給料は

家を買った時の約半分になるというかなり厳しい条件でした。

前回の転職の時は

「転職には賛成やけど、収入が減る分趣味に使えるお金が減るのは分かってるよな?」

と言っただけだったのですが、この時は

「あんたの転職は全面的に応援するけど、趣味は当分一切諦めてな。」

と厳しい条件を出しました。

可哀そうだとは思いましたが、生活することが一番大切なので仕方ありませんでした。

夫の趣味はとにかくお金のかかる趣味ばっかりなんです。

その中でも一番お金がかかってるのが車だと思います。

考えるのも嫌なくらいの金額を車につぎ込んでると思います。

でも、収入がそれなりにある=ストレスの溜まる仕事だったようなので

借金しないのを大前提に、

生活に支障のない範囲内で趣味に使う分は黙認してきました。

夫のお金の使い方を見てイライラした時もありましたが

私はひたすらジッと耐えました。

私たちが車の購入を決めた時、

私は安全に走行できる車であれば何でもよかったのですが、

夫は買いたかった車があったみたいなんです。

それがものすごく燃費の悪い車だったので

「こんな燃費の悪い車イヤだ!」と反対したのですが

夫はどうしてもその車がよかったみたいなので

ガソリン代も修理代も欲しいパーツを買うお金も何もかも夫負担です。

こんな調子で夫がかなりの額を趣味に使ってたので

我が家の家計で削減できる項目は夫の趣味費くらいしかありませんでした。

昨年の春というと、

私はモノを減らすことに興味を持ち始めたころだったので

自分のものを買う事もほぼなくなっていたし

私の趣味は読書くらいで夫の趣味に比べれば断然格安です。

夫だけ自分の趣味や欲しいものにお金を使うのはやっぱり心が痛んだようで

夫は私の条件を受け入れざるおえない状況でした。

私に迷惑かけてるという意識がある割に常にイライラしてる夫

この2回目の転職をしてからというもの

「俺のせいでこんな生活になって、ほんまにごめん。」

という回数が増えた夫。

でも私は元々お金のかかるような趣味もなかったし

買い物への興味も薄れていたし

生活ができていたので何とも思っていませんでした。

収入が減って苦しんでたのは夫自身だけなんです!

ちなみに我が家は基本的に

夫の収入ー夫が担当してる支払い-私に渡す生活費=夫のお小遣い

です。

夫が定額のお小遣い制を拒んだからです。

今は夫の収入が激減してるので

クリスマス休暇などがあってお給料が少なかった時は

私に渡す生活費の額を少なめに設定して足りない分は貯金から出しています。

夫が転職してからというもの、彼のお小遣いが激減しています。

でも定額のお小遣い制を拒んだのは夫なので自業自得と言えば自業自得です。

例え夫のお小遣いが月に50ドルでも私は知らんふりしてます。

私の収入は生活費の足しにしたり貯金に回すので、

夫の小遣いが減ったからといって

私の収入から夫のお小遣いの補充というのは一切いたしません。

大体これまでにありえない額を自分の趣味につぎ込んでますしね。

ですから私と約束した通り趣味は一切諦め、というか諦めざるおえず

趣味に費やせるお金が無くなったので

欲求が満たされないのかしてイライラする頻度が増えてるんだと思います。

そして自分が趣味を楽しめなくて生活が惨めになったから

私の生活も惨めなものになったと思い込んで

「俺のせいでこんな生活になってごめん」

とよく言ってたんだと思います。

最初は

「別に大丈夫。生活できてるし!」

って答えていたのですがあまりも謝ってくるし

なにより収入減ること分かって転職したのにイライラしてばかりの夫が

見てて嫌になってきたので

「ごめん、ごめん、って言うけどさ

私の生活はほとんど前と変わってないけど?

あんたがどれだけ趣味にお金費やしてたか今よく分かるやろ!

私らと同じ一般庶民の人で

あんたほど月々自由にできるお金を確保してた人おらんと思うで?

前から”趣味にお金使いすぎてるんちゃう?”って注意してたのに

私の言う事無視するからこんなことになるんやろ?

大体転職するって決めた時に収入減る事も趣味を諦めなあかんことも分かってたんやから

今更イライラするのやめてくれる?」

と言ったら、なぜかビックリしていました。

”私の生活は変わっていない”というのが予想外だったんだと思います。

私の憧れは、”お金はあるけど普段は慎ましい生活”

10代後半くらいから、こういう生活に憧れ始めました。

普段は慎ましく暮らし、自分が欲しいと思ったモノ、

やりたいと思ったこと、行きたいと思った所に行く旅費を

お金を理由に諦めなくていいように普段は貯金をしておく

というのが私の憧れで、そして実際に実践していました。

最近では貯めるばかりでなく

運用したり使う事も大切だと思うようになってきましたが

やっぱり長い間こういう考えで生きてきたので

普段慎ましく小さく暮らすことに何の抵抗もないし慣れています。

でも夫は”今を楽しみたい!”と思ってる人なので

私からしたらありえない金額を趣味に費やします。

お金のかからない趣味で満足できる私、なぜかお金のかかる趣味ばかりの夫。

正反対の私たちです。

夫曰く、仕事が大変でもそれに見合ったお給料がもらえれば頑張れるらしいです。

でも、夫は特に何の資格もなく運よく今の会社に就職できてるので

お給料はそんなに簡単に上がりません。世の中そんなに甘くないです。

私は、今のこの状況を”夫が趣味に使うお金を見直すチャンス!”と

ポジティブに捉えています。

今まで楽しんでいた趣味を全てやめてほしいというわけではありません。

頻度を減らすなり、なんなり、もう少し考えて欲しいんです。

ちょっと酷かなと思うときもありますが、

来るべくして来たチャンスだと思っています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加