【家事の分担】家事をしない夫に腹を立てていたけど、そういう夫にしたのは私

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

私の夫は長年一人暮らしをしていたので

家事は一通りできるし、お料理大好きな人です。

一方私は、カナダに来るまで家事らしい家事をやったことがなく

家事に対する苦手意識も拭えず、どちらかというと苦手です。

夫は私が家事経験がないのも嫌いなのを知った上で私と結婚をしたので

新婚時代は結構家事をやってくれていましたが

今はほとんどやらなくなってしまいました。

家事をしない夫に腹を立てていたけど、そういう夫にしたのは私

家事が苦手だしやりたくないくせに、夫のやり方は気にくわない

家事が苦手でも、やりたくなくても、

夫の方が仕事が忙しく、私の方が家にいる時間が長かったので

私が家事をやりはじめました。

家事をやり続けるうちに自分なりにエコな食器洗い法、洗濯方法などを見つけ始めると

夫の大量の水を流しながらの食器洗い方も、なんでもかんでも乾燥機に入れる洗濯方法も

気に入らなくなっていきました。

料理に関しても、夫が作ると食費がバカ高かったんです。

夫は料理は上手ですが、自分が作りたいレシピに必要な食材を毎回買ってくるので

使い切れずに余った食材はゴミ箱行きになることがほとんどでした。

残った食材を私が使う事が出来ればよかったのですが、

私が使ったことのない野菜やハーブ類を買ってくることがほとんどだったので

料理が苦手な私には夫が使い残した食材を使って料理するのは難しすぎました。

それで結局余った食材はゴミ箱行きとなり、

とても勿体ない、食材に失礼なことをしていました。

それで、料理は苦手でしたが食材を使いまわせるレシピを集め

自分なりに極力食材を無駄にしなくて済む、食費を抑える夕飯作りに取り組み始めました。

夫が家事をやってくれるのはとてもありがたかったのですが、

光熱費も食費も抑えたかったので

夫が家事をやる前に私がやってしまうようになりました。

夫は頼めばやってくれるのに、頼まないのは私

夫の食材を無駄にしてばかりの夕飯作りが見ていられなくなったので

「私、日本食が食べたいから私が作る」

と、料理ができないなりにもCOOKPAD様にお世話になりながら

私が料理を作り始めました。

夫は

「夕飯作ってくれたから、食器洗いは俺がやる」

と言ってくれていましたが、大量の水を流しながら食器洗いするのを見るのが嫌だったので

「ううん、別に大丈夫。私やるし。」

と夫の申し出を断っていました。

そうしてるうちに、夫は私が料理も食器洗いもするものと思うようになり

全く何もやらなくなってしまいました。

洗濯もそうです。

乾燥機にお世話になっているので全く使わないわけではないのですが

毎回の洗濯で乾燥機を使っていると高額な電気代の請求が来そうで怖いので

夫には洗濯物を洗濯機に入れてスタートさせるところまではやってもらいますが、

洗濯が終わったら夫が乾燥機を使う前に私がランドリールームに行き

洗濯物を干すようになりました。

夫は、自分は洗濯機をスタートさせる係、私が干す係と思うようになりました。

全部私が夫のやり方が気にくわないからやり始めた事なのに

(夫は、私が夫の家事のやり方が気にくわないということは知りません。)

”なんで、私ばっかり家事やらなあかんねん!”とイライラすることが多くなり、

家事をしない夫に八つ当たりをして

「私は家事をやってて忙しいねん!家事に休みはないねん!」

と悪態をついた時に夫にこう言われてしまいました。

「何でそんなにイライラしてんの?

言ってくれたら家事手伝うっていつも言ってるのに、頼ってこないのはそっちやろ?」

本当にその通りです。

夫はいつも手伝ってくれると言っています。頼らないのは私でした。

夫にやって欲しいなら夫のやり方に文句を言ったり口出しすべきではないし、

それを見るのが嫌なのなら、私が自分で、自分の納得のいくやり方でやるしかありません。

夫に家事をやって欲しい、やる時には私のやり方でやって欲しい、それは私のわがままです。

夫が全く家事をやらなくなったと不満に思ってイライラしていたけど、

そういう夫を作り上げてしまったのは他でもない私自身だったんです。

夫に言われて、ハッとしたこと

つい先日、

「私、料理は嫌いやけど、お台所にいるのは好きやねん。

お気に入りの食器を眺めてると幸せ。」

と言ったら

「そうなん?俺は、料理好きやけどな。」

と、ちょっと悲しそうに言われてしまいました。

夫が料理をしたくても月一のコストコへの買い物以外は

私が買い物を済ませてしまっていたので

夫は料理をしたくても料理しづらい状況に置かれ、

私に楽しみを奪われていたのかもしれません。

でも、毎日クタクタになって仕事から帰ってくるので

夕飯作りを任せたところで、恐らく長続きはしないんだろうな、という気もしています。

夫と話し合いをして、週末にはお料理してもらう、というような

ルールを設けようかなと考え中です。

夫は家事はやらないけど、私がサボっても何も言われない

夫に頼めば家事を手伝ってくれますが、

私は頼むというのが苦手なので結局ほぼ全ての家事を私がやっている状態です。

でも、私は家事が苦手だし好きじゃないので完璧ではありません。

それでも夫は何も言いません。サボっても何も言いません。

夫は家事をやらない代わりに、私に文句も言わないし私のやり方に口出しもしません。

たまにおかずを大量に作りすぎて、3日連続同じものを食卓に並べても

何の文句も言わず食べてくれます。

家事をやらない夫に腹を立てたり、イライラしながら家事をしたりしていましたが、

結局私が家事をやってもやらなくても夫は文句言わないんだから

イライラしながらやる必要はなかったわけで、私が一人でカリカリしていたんです。

自分ばっかり家事をやってると被害妄想(?)みたいなのがありましたが、

本当の被害者は夫だったという事にも気づきました。

家事をしない夫にしたのは私自身です。

私が勝手に家事をやり始めたのだから、イライラせずにやらないといけないですね。

それか、今更ですが家事をやってくれる夫に変身してもらうよう仕向けるのもありかもしれません!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする