【断捨離】価値観は人それぞれ。夫が”これは絶対に捨てない!”と譲らないもの

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

先日、プリンターが壊れてしまい買い換えました。

夫が、

「新しいプリンターが入ってた箱に、古いプリンターと捨てるミキサー入れておいて。

俺、処分するから。」

と言ってくれました。

それで私は、キッチンカウンター下収納の中で眠っていた長年使っていなかったグリルも

一緒に箱の中にいれておいたんです。夫が

「あ、こんなんあったなぁ。もう使ってないし処分しようか。」

と言ってくれるのを願って。

関連記事

【お台所】狭い割に収納力抜群?なお台所で見つけたモノとやっと断捨離できたモノ
当ブログへのご訪問ありがとうございます。 うちのお台所のキッチンカウンター下の収納には、 捨てたくても夫のモノなので勝手...
【お買い物】夫にケチだと思われている私、でも夫も私の知らぬ間にケチ男に変身
当ブログへのご訪問ありがとうございます。 昨日夫がプリンターを使おうとしたら、変なエラーが出るばかりで 全く復活する気配...

価値観は人それぞれ。夫が”これは絶対に捨てない!”と譲らないもの

人のモノを勝手に捨ててはいけないと改めて思った事

夫のモノを勝手に捨てることは基本的にはしないようにしているのですが、

このグリルの一件で改めて”人のモノを勝手に捨ててはいけない”と思わされました。

箱の中に入れられていたグリルを見つけた夫は、グリル本体ではなく

こんなものをキープしていました。

グリルにセットする余分な脂を受け取るトレー?か

水を入れるトレー?かなんだか分からないのですが、

夫はこのトレーを自分の机の上の”私に見つからなさそうな場所”に

隠すように置いていました。

残念ながら、私はすぐ見つけましたけどね。

ちなみにグリルとはこれです。

食パンを横に2枚並べたくらいの大きさのグリルです。

昔は夫がこれを使ってお肉を焼いてくれていました。

グリルは捨ててもいいけど、このトレーは絶対に捨てない!

夫に、

「このグリル捨てる気?っていうか、まだあったんやなぁ。」

と言われ、

「引っ越しする時にグリル捨てようって言ったけど、アカンって言ったのあんたやん!」

と答えると、

「このグリル、俺が20歳位の時に買ったやつやねん。」

と昔を懐かしみながら言われました。そして、

「このグリルは捨ててもいいけど、このトレーは絶対に捨てたらあかん!!!

これは、一生俺が持っとくから!」

と机の上に置かれていたトレーを指して言われました。

普段絶対に隠し事をしない夫なのですが、

この時はなぜか捨てたくない理由を言いたくなさそうでした。

でも、夫がこのトレーを捨てたくない理由はすぐに分かりました。

以前飼っていた犬が夫が留守の間にこのトレーを噛んでボロボロにしたり、

洗わずに放置していたグリルを犬が舐めまわして綺麗に”洗って”くれていたりと、

夫と犬とのたくさんの思い出があったからです。

引っ越しの時に

「ボロボロやから捨てようや」

と言った私に、このような思い出話をしてくれたことがあったので

捨てられない理由はきっと”思い出”なんだなと思いました。

そう察したので、夫に

「グリルももう一回きれいに洗って使えば?

職場に持って行ってランチのサンドイッチグリルしたらいいやん!」

と提案してみたら、嬉しそうに

「そうやな、そうしようかな。」

と言いました。

大切な思い出が詰まっているものの割に、

まだ持っていたことを忘れていたというのが夫らしくて笑えますが。

ただの”モノ”なんだけど、捨てられないなら捨てなくていい

夫にとってはこのボロボロのトレーは形見みたいなものなのでしょう。

”モノを捨てたからって思い出が消えるわけじゃないから捨ててもいい”という考えと

”モノも思い出も両方とも自分の側に置いておきたい”という考え、

どちらが正解で、どちらが不正解という事はないと思うので

本人が納得する方を選べばいいと思っています。

夫は後者のモノも思い出も側に置いておきたい派なので

どうしてもトレーは手放せないようです。

私からしたらボロボロのトレーですが夫にとっては宝物。

価値観って人それぞれだなとつくづく思いました。

夫から見たら”何でそんなもの!”ってものを私も捨てれずにいるんでしょうね、きっと。

それでも

「それ、捨てたら?」

と言わない夫に感謝です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする