【お金】引き寄せの法則的にいい貯金の目的&よくない貯金の目的。その理由とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

18歳で人生初のバイトを始めて以来、

貯金にハマり始めました。

でも、私の貯金の目的は引き寄せの法則的にはよくないものもあったようです。

引き寄せの法則的にいい貯金の目的&よくない貯金の目的。その理由とは?

引き寄せの法則的によくなかった私の貯金の目的

学生時代にバイトで稼いでいたお金は、

  • いつの日か一人暮らしをするため
  • 海外旅行に行くため
  • 欲しい物を買うため

この3つの目的のために使ったり貯金したりしていました。

でも、社会に出てからは貯金の目的が変わり、この6つになりました。

  • 結婚願望は特にないけど、もしも結婚した時のため
  • 結婚願望がないので子供を産む予定もないけど、もしも子供が生まれた時のため
  • いつの日かマイホームを買うため
  • いつの日かワーホリでカナダかオーストラリアに行くため
  • 老後を不安な気持ちで過ごさなくていいようにするため
  • もし何か買いたい物、やりたい事が出来た時に、十分な資金を持っておくため

この中で引き寄せの法則的によくない貯金の目的は

5つ目に挙げている『老後を不安な気持ちで過ごさなくていいようにするため』です。

不安な気持ちを取り除くために貯金をしていると、

不安を取り除くどころか”不安”というところに焦点が合ってしまい

本当にその不安に思っていることを引き寄せてしまうからよくないみたいです。

この場合だと、本当に”金銭的に不安な老後”を私は引き寄せてしまうという事です。

他にも例えば、親御さんがお子さんの事を心配して”何かあった時のために”

と貯金されているのは珍しくありませんが

もし、”子供が病気や怪我をした時のために”という目的で貯金をしていると、

本当にそういったことを引き寄せてしまい

実際に、そういうことのために貯めていたお金を使う事になってしまうそうです。

同じ”何かあった時のために”という理由でも

お子様が将来お家を買う時のため、結婚をする時のため、留学したいと言い出した時のため、

とかだと、引き寄せるものも違ってくるようで

この場合は、本当にお子様がお家を買ったり、結婚したり、留学したいと言い出し、

そのためにお金を使うことになるようです。

私はこれを知った時、単純に

”なるほど!興味深くて面白い!どうせならポジティブなことを引き寄せたい!”

と思いました。

貯金の目的は、人生を豊かにしたり楽しみのために☆

この引き寄せの法則を知ったので、

貯金の目的を人生の楽しみに繋がるもの、ポジティブなものに変更しました。

私の貯金の目的の一つであった”老後のための資金作り”ですが、

ネガティブな言葉である”不安”というのを取っ払って

『金銭的に余裕があって、毎日充実した老後生活を送るため』

という風に変更しました。

人はいつまで生きれるか分からないからこそ、

今、この瞬間を大切に生きていきたいと思っていますが、

だからといって老後の事を少しも見据えないのもどうなのかな?と思っているので

今の生活を犠牲にしない範囲内で、

(安泰した老後生活を送りたいがために老後資金作りにばかり励んで、今食べたいものを我慢したり、やりたいことを我慢したくはないという意味です。)

少額でもいいから老後のために今からコツコツ貯めていきたいと思っています。

貯金の目的を明るく楽しいもの、ポジティブなものにしたので、

これからどんなことを引き寄せ、

どんな老後を引き寄せられるのか楽しみです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加