【お金】恐ろしい『ないお金』の存在。それを自分のお金だと思って使う人たち。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

カナダに来てから、

”みんな稼いでんねんなー!めちゃくちゃ家計に余裕あるやん!”

と思う事がよくあります。

恐ろしい『ないお金』の存在。それを自分のお金だと思って使う人たち。

私の夫も『ないお金』の存在に浮かれていた一人

身近なもので言うとクレジットカードの限度額が

私の意味する『ないお金』の一つです。

限度額が50万円だったとして、銀行の残高も50万円あれば

カードの支払いをできる分だけの資金があるので『あるお金』として考えられますが

残高が10万円しかないのに

”50万円使える!”

と思っているのは危ない思考だと思っています。

昔の夫がまさしく『ないお金』を自分のお金だと思って使うタイプの人間でした。

結婚することになった時に、

「あんたの借金は私の借金になるんやから、クレジットカードの限度額がいくらであれ、

自分の銀行にある残高以上のお金は絶対に使わんといてや!

私達が借金をして『ないお金』に頼るのはマイホームを買う時だけ!」

と言ったので、それからはクレジットカードを使うのを控えるようになり

デビットカード支払い派になりました。

デビットカード支払いは銀行に十分な残高がなかった場合決済ができないので

夫にはこっちの方が合っているようです。

クレジットカードを複数枚使い回して生活をしている人たち

以前、銀行で働いていた友達から聞いた話なのですが、

クレジットカードを複数枚使い回して生活している人たちがかなり多いそうです。

”お財布にはお金ほとんど入ってないし、銀行の残高は$1000やけど

クレジットカードの限度額に達するまでまだ$2000の余裕があるから、

$2000は使っても大丈夫!”

という考え方で生活をしている人が多いらしいです。

つまり、銀行にある残高やお財布の中に入っている現金は関係なく

クレジットカードの限度額まで後いくら残っているのか?

というのを基準に生活をしているということです。

この話を聞いた時にはかなりカルチャーショックを受けました。

カナダに来てから

”みんな稼いでんねんなー!めちゃくちゃ家計に余裕あるやん!カナダ人お金持ち!”

と思う事が多かったのですが、実は『ないお金』を使っていたから

そういう風に見えていただけのようです。

人は人、自分は自分ですので、

人様がどうお金を使おうが、どうクレジットカードを使おうが私の問題ではありません。

人それぞれ価値観が違いますから、その人の思うように使えばいいと思います。

ただ、日本にいてた時には

こういうクレジットカードの使い方をする人が私の周りにはいなかったので

ただただビックリしています。

私は私で、これまでの自分のお金とクレジットカードに対するルールを死守しながら

周りの人たちに流されることなく生きていく必要がありそうです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加