娘は父親に似る、そして娘は父親に似た人と結婚する、というのは本当だと思った事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

今年、両親がカナダに遊びに来ることになりました。

日程はどうするのか?カナダで何をするのか?という話し合いで

ひと悶着起こりました。

娘は父親に似る、そして娘は父親に似た人と結婚する、というのは本当だと思った事

私と父親の性格がそっくりで、夫もビックリ

夫が私の父親と初めて会う前、私はよく

「その気性が荒いの、ほんまにどうにかしてくれへん?!」

と夫に言われていました。

私の気性は元々荒めでしたが、当時は英語があまりできなくて

それがストレスになって余計に気性が荒くなるし情緒不安定な事も多かったので

夫は私の扱いに困ったことが多々あったと思います。

そんなことを言っていた夫なのですが、私の父親と会った時に

「お前の気性の荒さは父親譲りなんやな。そっくりや。」

と言われました(;´∀`)

私から見たら夫と父親もそっくり

夫と生活する年月が経つにつれ

「この人、父親によく似てるわ…」

と思う事が増えてきました。

とても器用で、何でも自分で修理をしたり、作ったりできるところ、

物知りなところ、ガーデニングが好きな事、といった

いい面も似ているのですが、ワガママというのもそっくりです!

しかも、二人とも自分がワガママだという自覚はありません。

そして私も、そのワガママな性格を父親からしっかり受け継いでいます(+_+)

ワガママな人がワガママな人2人の仲介役をするのは大変

ある日、朝の5時過ぎに父親から電話がかかってきました。

こういう変な時間に電話が鳴るという事は絶対いい知らせではないので

ドキドキしながら電話に出たら

「あのさー、カナダ行きの件なんやけどさぁ~」

と、カナダ行きの事で電話をしてきました。

私の都合も時差も、何もかも無視です。

変な時間に電話がかかってきたら(しかも早朝に!)変にドキドキするから

メールで電話することを先に伝えて欲しいと言ったのに、

まさかのまさかで次の日も朝の5時半に電話がかかってきました。

私の両親がカナダに来ることに対して夫が言った事

夫に、両親がカナダに来る計画を立てていることを夫に言うと

「なんで、そんな勝手なん?こっちの都合は考えてくれへんわけ?

俺、今稼ぎ少ないから来てもらっても大したおもてなしできへんやん…」

私、絶句しました。

頭の中で、

”いつになったら今より稼げるようになるかも分からんのにそんなこと言う?”

”っていうか、そんな事を言うあなたも結構ワガママで自分勝手やけど気付いてる?”

と言おうかどうか散々悩んだのですが口が動いてくれませんでした。

それほど、私は夫の発言にビックリしていたようです。

父親も夫も二人ともワガママ過ぎて、仲介役の私はグッタリです。

でも、私もワガママなので夫には

「うちの両親が全部旅費も滞在費も出すって言ってるんやから

来たいって言ってる時に来てもらいたい。」

と夫の意見は無視して言い放ち、父親には

「来てくれるのはいいけど、メールで先に連絡なしにまた電話してきたら出ーへんからな!」

と言いました。

ワガママ3人集まると、ややこしいです。

結局、両親がカナダに来ることが決定しまして夫にもその事を伝えました。

両親がカナダに滞在している間、

父親と夫に振り回されることになるであろうことを思うと

今からちょっと心配です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加