【失敗しない買い物法】買い物をする時に無駄な出費を防げる自分なりの判断基準

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

最近ではめっきり物欲が減りましたが、

元々お買い物が大好きなので

”あ、これいいやん!買おうかな?”

と思う事もあります。

買い物をする時に無駄な出費を防げる自分なりの判断基準

過去のお買い物を振り返ってみることで分かった事

私がこれまで買ったものの中で失敗だったな、と思う事の共通点が

  • 可愛いけど使いにくい
  • 気に入ってるけどお手入れが大変
  • 見た瞬間に気に入ったから買ったものの、どう使っていいのか分からない

この3つです。

結局、私と言う人間はズボラなので

どんなに気に入った物でもお手入れが簡単で、使いやすい物じゃないと

結局は使わずにどっかに収納したまま放置、ってことになってしまうんです。

ここ最近しみじみ『モノは使ってこそ価値がある』と思っているので

”欲しい!”と思った時に自分に2つの事を問いかけるようにしています。

私の買い物の判断基準

①使いやすいのか?

②お手入れは簡単か?

この二つを自分に問いかけるようになってから、

『買わない』を選択することが増えました。

人それぞれ判断の基準は違うと思うのですが

私にとっては今のところ、この2つがお買い物に失敗しないための判断基準です。

モノは勿論なのですが、食材を買う時にも問いかけています。

食材の時には

①下処理・調理法は簡単か?

②本当に食べるのか、または、食べ切れるのか?

この2つを問いかけています。

モノも食材も判断基準2つのうちの1つに該当すれば買いません。

最近だと、マッシュポテトを作る素を買おうかな?と思ったのですが

②の本当に食べるのか?というところに引っかかったので買いませんでした。

3つめの判断基準として

『たくさん在庫(使わずに放置されているモノも含む)あるんちゃう?』

というのを足そうかと思ったのですが、

最近では自分がモノをたくさん持っていることをよく自覚しているので

ちょっとやそっと魅力的に見えたくらいでは”欲しい!”と思わなくなったので

敢えて判断基準には加えませんでした。

モノをたくさん処分したことで成長することができた部分かと思います。

判断基準があれば、決断するのが簡単

『2つの判断基準のうちの1つに該当すれば買わない』

と決めて以来、買うか、買わないかの決断をするのが早くなりました。

迷う時間も無駄にする出費もセーブできていると思っています。

自分なりの買うか、買わないかの判断基準を決めるの、結構お勧めですよ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加