カナダ生活8年目にして初めて体験したこと&カナダでのお家探しで考慮したい事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

カナダは金曜日から今日まで3連休です。

この連休を利用して、ちょっと遠くまでお家探しの旅に出てきました。

カナダ生活8年目にして初めて体験したこと&2回目のマイホーム探しの旅

カナダは移民の国だと思っていたのに…

今回は『市』ではなくて

『町』と呼べばいいのか、『村』と呼べばいいのか悩むほどの

田舎にお家の内覧に行ってきました。

現在夫と私は

『Down size our life, not down grade our life.』

(暮らしを小さく、でも生活の質は今のままで。)

をテーマにお家探しをしています。

田舎に行くと物価が安くなるので、

絶景付きのお家がお手頃価格で手に入ります。

でも、さすが田舎です。

カナダに来て8年、初めての体験をしました。

晩御飯を食べに地元のレストランに行ったのですが

なんと、アジア人は私一人だったんです。

四面楚歌ならぬ、四面白人でした。

レストランには従業員とお客さんを含め50~60人いてたのですが

私以外の方はみなさま白人でした。

8年もカナダに住んでいてこんな体験したのはこの日が初めてだったので

これって珍しい事だと思います。

今までのカナダ生活ではどこにっても、色んな人種の方を見かけていたのに

この晩は私だけがアジア人、何とも気持ちを説明しがたい体験をしました。

夫に

「私、四面白人状態って気付いてた?色んな人にめっちゃ見られてて

色んな所から視線感じる…。」

と言うと、夫は

「多分、俺らが見た事ない人たちやからみんな興味津々なだけやと思うで。

俺もさっきから視線感じてるし。」

と言いました。

小さな町だったので、従業員もお客さんもみなさん顔見知りだったようです。

それで、私たちのような見た事ない人たちがいると、物珍しかったのかもしれません。

確かに、

「何でこんなところにいるん?場違いやから出て行けよ!」

といった感じの視線ではなく

「あ、アジア人?珍しい!」

といった感じの視線ではありました。

ただ、普段あんなに注目されることがないので、奇妙な体験でした。

カナダでの家探しで考慮したい事

現在のお家を購入した時には全く考慮しなかったのですが、

というか考慮する必要はなかったのですが

今回考慮しなければいけない事の1つが

『町の人たちに受け入れてもらえるか』

ということです。

これは、夫と私が田舎に家を買うと決めた時の場合の事ですが、

田舎の方だと人口が少ない事もあり、みなさん顔見知りです。

そして、今回は1泊2日でお家探しの旅をしたのですが

ビックリするほどアジア人はおろか、他の人種の方を見かけませんでした。

夫は白人なので受け入れてもらえるでしょうが、

私は受け入れてもらえない可能性があります。

夫にも私の不安が伝わったようで、

「どんなに気に入ったお家が見つかっても、住む地域の人に受け入れてもらえなかったり

毎日嫌な思いをするような場所には家を買うつもりはないから。」

と言われました。

カナダでの2回目のマイホーム探し、

田舎にお家を買うとなると前回よりも考慮しないといけないことが増え

前途多難になりそうです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする