断捨離に明け暮れた5月。断捨離中に溢れだした人・モノ・サービス・お金への感謝の気持ち。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

あっという間に6月です。

5月は夫も私も断捨離に明け暮れていました。

トラックを2回手配し大量のモノを処分したおかげで

お家の中がかなりスッキリとしました。

断捨離中に溢れだした人・モノ・サービス・お金への感謝の気持ち。

私は自他ともに認めるケチです。

節電、節水には特に口うるさいです。

そんな私なのですが、断捨離中は毎回のお洗濯の度に乾燥機を使用しました。

(いつもは電気代節約のため極力乾燥機は使わないようにしています。)

家中が埃っぽかったという事に加え、

色んなものが色んな所に散らばっていたため干す場所が確保できなかったので

乾燥機のお世話になりました。

やっぱり乾燥機のお世話になると、とても楽ちんでした。

体力も、干す時間も節約できる!

それを思うと、一回当たり何ドルくらいかかるのかは定かではありませんが

乾燥機を使う恩恵は計り知れないものがある、と思いました。

お洗濯の度に、洗濯機・乾燥機を所有している事、

電気を使える事、電気代を支払えることに感謝の気持ちが込み上げてきます。

公共料金の明細を見るのは毎月ドキドキハラハラもので

”え!今月の請求額めちゃくちゃ高い…”

と思う事もよくあるのですが、理由なくお金を支払っているわけではなく

請求額の分だけ電気やガス、水を利用したという事ですから

払って当然、払えることに感謝しないとな、とすら思えてきました。

こう思えるようになったのは、私にとっては大きな成長です。

請求するのが苦手な方には、請求される前に支払う。

今回の断捨離ではご近所の方にお世話になりました。

実のところ、全然知らないご近所さんだったのですが

めちゃくちゃ社交的な夫が声を掛け

トラックを貸してもらえるか交渉したところ、

トラックを貸していただいただけでなく、

ごみ処理施設までの運転も引き受けてくださいました。

本当に感謝です。

夫は、大きなトラックを運転するという任務から逃れられたことが

かなり嬉しかったようでした。

ただこのご近所さん、私たちの頼みごとを快く引き受けてくださったにも関わらず

お金を請求するのがとても苦手な方でした。

1回目にトラックを手配した時には、

私たちが知らない間にトラックをごみ処理施設まで運んでくれていたので

代金が後払いになったので、夫が

「トラックレンタル代と運転してもらった代金とで、いくら払えばいいかな?」

と聞いたところ、とても申し訳なさそうに

「$80でどうでしょうか…?」

と答えたそうです。

私たちのわがままな頼みごとを引き受けてくださったのだから

代金を請求するのは当然の事なのに、申し訳なさそうにしていたご近所さんに対して

逆に私たちの方も申し訳なくなってしまいました。

結局、ゴミ処理代$100、トラックレンタル代+運転代として$100お支払いしました。

2回目にトラックを手配してもらった時には、

「ゴミの量が前回の半分くらいやから$50で足りるかな?と思ったんやけど

もし足りなかった場合には絶対にお知らせしてくださいね!

もし、ゴミ処理代が$50以下だった場合はお釣りは取っておいてください。」

という言葉と共に先に$150お支払いしておきました。

ご近所さんから『請求する』というストレスをなくすことができたらな、と思ったからです。

でも、結果的に処分した家電のうちの1つに追加で処理料がかかったという事と、

ゴミの量的には前回の半分に見えたのですが、重さはそれなりにあったようで

(ごみ処理代は重さによって課金されるシステムでした。)

結局$39足りないという結末で、

ご近所さんから『請求する』というストレスを取り除くことは

失敗に終わってしまいました(;´∀`)

なにはともあれ、約1か月かけて

夫と共に断捨離をやり終えました。

運気が上がったのか?と聞かれれば

それはまだ分かりませんが、たくさんのことを学べたのでやってよかったと思います。

今のモノの量をこれからもキープしていく事が私と夫のこれからの課題です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加