毎日のように「I’m happy.」と言い続けていた結果、夫からビックリな発言が!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

カナダ在住歴が長くなるにつれ

『人からどう見られているか?』

ということが、あまり気にならなくなりました。

でも、昨日

”え?!私って、そんな風に見えてるんやー!”

という衝撃的な出来事がありました。

今年の春、ひょんなことから

マイホームを売却して引っ越す、という話が浮上しました。

実際に、色んな所にお家の内見しに出掛けていたのに

結局、マイホームの売却も、引っ越しの話もなくなってしまったのですが

この時に夫と私は『今のマイホーム以上に気に入ったお家と地域』を見つけてしまい、

数か月たった今も、そのお家と地域の事が忘れられずにいます。

なら、もう今のマイホームを売却して引っ越せばいい!

ということで、夫とマイホーム売却の話をするようになりました。

銀行にローンの相談をしに行ったり、着々と話を進めていたのですが

昨日になって突然夫が

「本当に、今のマイホームを売約して引っ越してもいいの?

今の君を見ていると、ここに住んでてもあんまり幸せそうじゃないから

ここより何もない田舎に引っ越すことで、

君がもっと惨めな生活を送る事になったらと思うと…。」

と聞いてきました。

”えーーーーー???そうなん?

私、幸せそうに見えへんねんや!ビックリ!!!”

これが、私の正直な感想でした。

タイトル通り、毎日のように

「I’m happy.」

と言い続けていたのですが、

夫はこれを

本当は惨めな日々やけど「I’m happy.」って毎日言う事で

「私は幸せ」って思い込もうと頑張っている。

という風に思っていたようです。

夫の思考回路がたまに謎過ぎます。

そして、ひねくれすぎてて笑えます。

私は毎日「しあわせやな~」と思って生きています。

私が幸せと感じる事が夫にとってはささやかすぎる事だからかして

夫にとっては幸せを感じるに値しない事なのかもしれませんが。

例えば、日本食を食べている時とかね。至福の時です。

でも、夫にはこういうささやかな幸せは分からないようです。

うちの夫には

『結婚したからには、この人を自分が幸せにしてあげないといけない!』

という責任感はないようですが、

私は私で、夫に幸せにしてもらおうと思って

夫との結婚を決めたわけではないです。

夫との結婚をきっかけに母国を離れカナダに移民してきた私に

カナダで惨めな生活を送って欲しくない、という気持ちはあるようです。

だから、カナダ生活が原因で鬱っぽくなったり、

つらそうな表情を見ると、夫は気になって仕方がないようです。

夫には

「私は大丈夫。

田舎暮らしに疲れてきたら(飽きてきたら?)日本に短期帰省することもできるし、

カナダ国内の大都市に週末旅行にだって行けるし。」

と言っておきました。

夫が本当に

『私が幸せそうじゃない』

と思っているのだとしたら、それは

喜怒哀楽の、特に怒と哀が激しすぎる夫を見て疲れているだけなんですがね…。

夫の機嫌がいい時にちょいちょい

「あんたの喜怒哀楽が激しすぎて、疲れるわ。」

と伝えてはいるのですが、

やはり自分の感情をコントロールするのは難しいようです。

家の外で暴れてよそ様に迷惑をかけるよりかは

家で思う存分感情を吐き出してもらった方がいいので

もう、仕方のない事だと諦めています。

自分では心の底から

『毎日幸せ』

と思って生きていても、

人からはどう思われているか分からないものですね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加