『絶対に大丈夫!』と唱え続ける効果がすごかった!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

夫が失明しかけてから早いもので2か月近く経ちます。

今のところ有難いことに順調に回復しているのですが

あの事故の日の事を振り返ると、今でもぞっとします。

「事故に遭って目を怪我した。

今救急車を待っているところで、これから病院に行くから。」

と夫から電話がかかってきた時、

  • 怪我したのは片目?両目?
  • もし全盲になった場合、私は果たして夫をサポートできるのだろうか?
  • 折角買ったお家やけど売却して夫が生活しやすいバリアフリーのお家に引っ越さないと!
  • 怪我の状況はどんな感じやろう?もしかして顔の一部が崩壊した?

といったことが私の頭の中をグルグルと回っていました。

夫にはとりあえず両目怪我したのか、片目を怪我したのかだけを聞いて電話を切り

その後は夫からの連絡待ちとなりました。

怪我したのは片目だけだと聞いて私は、

  • 両目の怪我じゃなくてよかった!とりあえず家の売却はしなくていいか。
  • この怪我って、住宅ローンの保険で少なくとも一部はカバーされるんかな?
  • もし顔の一部が崩壊するほどの怪我をしていたとして、そこが元通りにならなかったら…。もう夫の可愛いお顔見ることはできなくなるのか。夫の写真をもっと撮っておけばよかった!

こんな事を考えていました。

夫と電話を切った後、

私はどうしていいか分からなかったので、とりあえず

『絶対に大丈夫!』

と呟きながら家の掃除を始めました。

その呟き続けた時間、約3時間です!

夫は痛みに耐えながら

自分の目がどういう状態なのかもよく分からず不安で、悲観的な事を考えてるやろうから

私はポジティブでいよう!と思い、

『絶対に回復するし、顔も元通りになる!』

という事を考えながら、ひたすら『絶対に大丈夫!』と呟き続けました。

最初は自分の気持ちを落ち着かせるために、自分に言い聞かせるって感じで

『絶対に大丈夫!』

って呟いていたのですが、何度も何度も呟いているうちに、不思議なもので

『絶対に大丈夫に決まってるやん!』

という気に段々なってきて、そうすると次は、

『大事に至らなくてよかった!ありがとうございます!』

って気持ちになってきたんです。

言葉のチカラってすごいなって実感した瞬間でした。

私がこんなことを思っていた一方、夫は運ばれた病院で

『失明してまうんかなぁ?

車の運転できなくなるんかなぁ?

そしたら仕事行けなくなるやん、どうしよう…。

もう、スノボにも行けなくなるやん(;´Д`)』

という事を考えていたらしいです。

今のところは視力も回復していて、車の運転もできるし、仕事にも行けるし

スノボもできる状態になったのですが、

お医者さんから白内障になる確率はほぼ100%と言われています。

しかも、早かったら40代で白内障になる可能性もあるらしいです。

40代の前半なのか?半ばなのか?後半なのか?とても気になりますし、

もし前半だとした場合、夫はあと数年で40代の仲間入りなんですけどね…。

どうなることやら。

でも、まぁ、大丈夫なんちゃうかな?って気がしています。

この根拠のない自信も3時間『絶対に大丈夫!』と唱え続けた効果かもしれません。

言葉のチカラは偉大ですよ☆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加