【家計管理】ずっと続けていた家計簿と、食費の予算を作るのをやめました。その結果…。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

私はお金の流れを把握するのが昔から大好きなので、

小学生から結婚するまではお小遣い帳を、結婚してからは家計簿をつけていました。

そんな私なんですが、家計簿をつけるのをやめました。

『今月から家計簿をつけるのをやめよう!』

とやめたわけではなくて、

きっかけは、家の売買と引っ越しでした。

忙しすぎて、家計簿をつけるのをすっかり忘れてて

気が付いたら何カ月も経過していたんです(;´∀`)

で、気付いた事は

家計簿はなくても大丈夫!

ということでした。

家計簿はつけないんですが、

レシート類は全て必ず確認します。

自分でも変な趣味やなと思うのですが、

私、光熱費をチェックするのが毎月楽しみなんですよ。

電気代もガス代も、オンラインで請求額をチェック&支払いできるので

そろそろ請求額が更新されてそうな日にちになるとチェックして、

すぐに支払いを済ませています(*´▽`*)

ちなみに水道代は、有難いことに今の地域に引っ越してきて以来

毎月固定額となったので、家計管理がますますやりやすくなりました。

長年家計簿をつけていたからか、

月々どのくらい必要か、何日にどの引き落としがあるか?など

全て頭に叩き込まれているので

もう、家計簿をつける必要はなさそうです。

家計簿をつけるかわりに、光熱費の請求書は全てファイリングしています。

食費の予算を作るのをやめた結果…

食費の予算を作るのをやめたきっかけは、今まで以上に

食べたい物は食べる。食事の質は落としたくない!

と思うようになったからです。

ボーナスポイントが付く日にお買い物に行ったり、

お買い得なお野菜やお肉、冷凍食品、缶詰類があればまとめ買いをして

食費を抑えるという努力(?)はしていますが、

『これ食べたいけど、高いから我慢しよう…』

という食費の節約方法はやめました。

ついでに、『こっちの方が安いから…』という買い方もやめました。

例えばですが、アイスクリームを食べたいと思った時、

ハーゲンダッツが食べたいと思ったのなら、少々高くてもハーゲンダッツを買う、

ということです。

ハーゲンダッツよりも安いアイスクリームはたくさん売られていますが、

自分がハーゲンダッツを食べたいのなら、買えばいいやん!

って思うようになりました。

そしたら、不思議な事に食費が減ったんです。

ほんとに不思議です。

恐らく、月にして$100~150は減ったと思います。

現在の家計管理法

私が管理しているもので、毎月口座から自動引き落としされているものが

  • 家のローン
  • 家の保険
  • 生命保険
  • 水道代

の4項目です。

そして、現在クレジットカードで支払っているものが

  • ネット代
  • ガス代
  • 食費
  • その他諸々

なのですが、家計簿をつけなくなって以来どんぶり勘定になった私は

この4項目合わせて月$1000(約10万円)以内に収まればいいや~と

かなり適当に家計管理をしています。

もし$1000を超えたら、『あ、超えたなぁ。』と思うだけです。

ネット代は毎月同じ額ですが、ガス代は冬場は高く、夏場は安くなるので

夏はこの4項目の合計が$800(約8万円)に収まればいいかな?って考えています。

ちなみにその他諸々に含まれるものは、

カフェ代、外食代、食費・日用雑貨以外のお買い物をしたもの代なのですが

どこかに遠出した時以外、外食しないしカフェにも行かないし

お買い物もほぼしないので、その他諸々は高くても$100くらいです。

お金の流れを把握するのが好きで家計簿をつけていたのですが

いつの日からか、

『固定費は把握してるし、光熱費も大体どのくらいか把握してるのに

いちいち家計簿に書くの面倒やな…』

と思い始めてる自分に、うすうす気づいていたんです。

でも、ずっと家計簿をつけていただけに

いきなりやめる事がなぜかできずにいました。

家の売買と引っ越しをきっかけに自然にやめることができて

『家計簿をつけなければ!』という意味不明な責任感からも解放されて、

わずかながらも自分のために使える時間が増えて、いいこと尽くしです。

人それぞれに合った家計管理法があるとおもうので、

私の管理法をお勧めしているわけではありません。

ただ、自分に合った家計管理法を見つけることってすごく大切ですね☆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする