【海外生活】『ない』といじけるのか、『ある』ものに目を向けてみるのか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

カナダに来てからというもの

どうしても『ない』ことに目が向きがちな私でした。

(今でもこの癖が抜けない時もありますが。)

例えば…

  • 私の好きな日本食
  • 便利でかわいくておしゃれな文房具
  • 質が良くて、便利なものが売っている100均のお店
  • ふかふかのタオル
  • 時間通りに来る、公共交通機関

など。

でも、仕方ないです。

自分で決めたカナダへの移住。

住む国が違うのですから、手に入らないものがあって当然です。

今でこそ、こう割り切れるようになってきましたが

何年も、「あれがない、これがない。」とイジイジし続けていました。

気が済むまで(?)”『ない』もの・事”に目を向けたら

「あれがない、これがない。」という生活に疲れてきたのか?飽きてきたのか?して、

『〇〇がない。でも□□がある。』

と、”『ある』もの・事”に目を向けられるようになってきました。徐々にですが。

好きな日本食が手に入らない→欲しいもの全ては手に入らないけど、日本から日本食を送ってくれる両親や友達がいてありがたい。それに、割高やけど日本食を買えるお店がカナダにはある。

可愛い文房具やふかふかのタオル、日本の雑誌や本が手に入らない→Amazon様様!手数料や送料はかかるけど手に入る。

こんな風に、発想を少しずつ転換させていけるようになってきました。

特に、Amazonは本当にありがい存在です☆

中には海外に発送できない商品もあるようですが

(乾麺のおうどんを買おうと思ったら「指定された住所への発送はできません。」というメッセージが表示されました。)

大抵のものは買えるのでとても便利です。

両親や友達は

「欲しいものがあったら送るから、遠慮なく言ってな」

と言ってくれますが、梱包するのも宛先を書くのも面倒な作業なので

頼むのは心苦しくて、なかなか頼めません。

それでも、お友達に無理を言って送ってもらう事もあります。

私の無理なお願いを快く聞き入れてくれるお友達、

本当にありがたく感謝してもしきれません。

定期的に荷物を送ってくれる両親にも感謝の気持ちでいっぱいです。

と、散々『ない』に目を向け続けていた私なのですが、

カナダに来たから『ある』ものもあるんです。

  • 日本にいた頃よりも格段に向上した英語力
  • 花粉症に悩まされることなく快適に過ごせる春(カナダの春は超短いですが。)
  • 人間関係に悩まされることがほぼない、ストレスフリーな生活
  • セントラルヒーティングシステムのおかげで極寒の日も家の中では快適に過ごせる冬
  • ゴキブリと無縁の生活

などなど。

カナダと言えば壮大な自然というイメージがあると思うのですが、

今の田舎暮らしを始めてからは特に

毎日、壮大な自然に癒されています。

日本も自然豊かなところはたくさんありますが、

カナダの方が土地が広い分、壮大さに迫力があるような気がします。

このブログで、夫の事をグチグチ愚痴る事もありますが

夫と言うか、一番の友達でいてくれる夫の存在もありがたいです。

最近はアイスクリームを作ってくれます。

『ない』を探し始めたらキリがありません。

『ある』を探し始めてもキリがありません。

どっちもキリがありません。

まだまだ『ない』を見てしまう癖はありますが

どっちを見てもキリがないのなら『ある』を見て

毎日過ごしていけたらな~、と思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加