大金を積まれても譲れないモノ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

私のカナダ生活は、今年の春で丸10年を迎えようとしています。

あっという間の10年でしたが、

その大半を無価値観と戦いながら生きてきました。

再び前向きな気持ちで生きていけるようになったのは

このブログを始めた2年くらい前からのような気がします。

今となれば笑えるような事もたくさんあるし、

『なんで、あんなに苦しんでたんやろ?』

と思う事もいっぱいあります。

特に何かを成し遂げることもなく=達成感を感じることもなく

劣等感に苛まれ、

生きる屍状態で長い間生きていたような気がするのですが

そんな中でも、私が頑張って続けていた事がある事に気付いて

その時に思ったのが、この記事のタイトル通り

これは、大金を積まれても譲られへんなぁ』

ということでした。

これとは何かというとですね、

トレード、株、投資に関する知識です。

私が人生で初めて株を買ったのは2年半ほど前です。

当時の私にあった株や投資に関する知識は、

『下がった時に買って、上がったら売る。』

これのみです。

何もわからない状態だったのですが

長期投資のつもりで夫のお勧めの銘柄をいくつか購入しました。

購入してから数か月は、特に株価の変動をチェックするわけでもなく

ずっと放置をしていたのですが

ある時にチャートの見方を知りたくなって、

それ以来、コツコツと自分で勉強を続けています。

笑われそうで載せるのを躊躇ったのですが、載せちゃいます。

私、BidとかAskすら意味が分からなくて

株とかトレードをやってない方でも知っていそうなことでさえも

全く知らなかったんです。

私はカナダの銀行で投資用の口座を作りましたので

株を売買する時は全て英語です。

株やトレードの事すらわからないのに全てが英語、

しかも、日常生活では使わない単語がたくさん出てくるので

常に頭がパンパンで、これまでに相当の時間を費やして

色々勉強をしてきました。そして、今も勉強中です。

↑これは、私の1冊目のトレード日誌の一番最初のページに書かれていたものです。

日常を綴る日記は全く続かないのですが

トレード日誌はずっとつけていて

売買した銘柄、思った事、考え、

チャートを見ながらどんな心境でトレードしたかとかを綴っています。

それから、売買をしなかった日でも

その日のマーケットの動きや、それを見ながらどんな事を思って

どんなことを考えたかも書いています。

今でもまだまだ勉強中の身なのですが

それでも、この2年前の自分に比べたら

相当量の知識と経験を身につけました。

このBidとかAskって何やろう?

って思いながらノートに色々書いていた時の自分を思い出して

なんか泣けてきましてね。(感動の涙です。)

人によって、『大金』の定義は違いますので、

1万円が大金の人もいれば、100億円が大金だと思う人もいると思います。

私は、トレードに関する知識、経験は1億円積まれても譲れないです。

それともう一つ大金を積まれても譲れないモノ、それは英語力です。

英語に関しても、相当の時間を費やして英語力を上げてきましたし

(まだまだ伸びしろはありますし、今も勉強中です。)

悔し涙を流した回数は数えきれません。

不愉快な思いもたくさんしましたし、

英語が思ったように話せないせいで惨めな思いもたくさんしました。

そんな状況でもずっとコツコツ頑張って勉強を続けているので

5億円積まれても英語力は譲れません。

私は、私のトレードや株、投資の知識や経験が1億円に値するとか、

英語力が5億円に値するとか言っているわけではないのです。

(そもそも、知識や経験に値段なんて付けられないと思っています。

でも、値段をつけると分かりやすいかな?と思って値段をつけてみました。)

自分が生きる屍状態で精神的に苦しい状態の時でも

何かをずっとコツコツ続けて自分のスキルにしてきたことに

莫大な、値段をつけたくないくらいの価値があるな、とふと思ったんです。

そのスキルに価値を感じるなら、

そのスキルを身につけている私にも価値がある。

そう思えました。

この記事を書こうと思ったきっかけは、

私が思った以上に

この世の中には無価値観に苦しめられながら生きている人が多いと知ったからです。

そして、私もまた無価値観に苦しめられていた一人なのですが

本当にたまたま、過去のトレード記録を振り返りたくて

トレード日誌を開いた時にこういう気付きがあったので

シェアしたくなって記事にしてみました。

私は自分の事を無価値だと思って生きていた時期がありましたが、

こうやってコツコツ努力を積み重ねて

スキルを身につけてきた過程を振り返ると

『自分は無価値』だと思っていた自分に申し訳なくなります。

ずっと無職で、実家暮らしで引きこもって…

とか、そんな状態でも

その方に価値があるから実家にずっと住めているし、

ご家族がサポートしてくださっているのですよね?

本当に価値がないのなら、追い出されていると私は思います。

昔に比べれば色んなものが進化して、発達して便利になったけど

(SNSとかいい例ですよね。

便利ですが、それと同時に、

他人と自分を無意識に比較してしまう事が増えて

劣等感を感じたり妬みを感じる瞬間が増えた人も多いと思います。)

その分、生きづらい世の中でもあるな…なんて思う今日この頃です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする