【国際結婚とお金】愛とお金の動きは連動してる?書き出しワークをした結果が面白かった☆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

今朝、

『愛とお金の動きは連動している。

どちらかだけが満たされている事はあり得ない。』

という事が書かれているブログを目にしました。

驚愕でした。

『夫(パートナー)から愛されているのに

お金がないなんて言うのはあり得ない。』

らしいのです!

私、夫から愛されていると思っていて、

なんなら

私を養えるほどの収入もないし、

有言無実行なことが多くてガッカリすること多いし

でも愛情だけは人一倍注いでもらっているな、と思っていたのですが

2013年くらいから

ここ最近までずーーーーーーっと

お金の事で悩んでいたんです。

愛されていると思っていたのに

お金が足りないと思っていた、感じていたという事は

私が夫に愛されていると勘違いをしていたか、

お金が実は豊かに私の元へやってきていたか、の

どちらかなわけです。

『どっちなんかな?』

と思って、ノートに色々書き殴り始めたところ、

お金は巡ってきていたし、夫にもそこそこ愛されていた。

という結論に辿りつきました。

お金が足りないと感じていましたが、

今までどうにか全ての支払いをできていたので

必要なお金は巡ってきていたし、

夫からも

『日本に帰りたくならない程度の愛情』

は頂いていました。

人一倍愛情を注いでいたと思っていたところからの

『日本に帰りたくならない程度の愛情』…。笑えます。

『日本に帰りたくならない程度の愛情』

↑夫からの愛情をこんな風に表現するのは失礼なのかもしれませんが

ホームシックと孤独に耐えることが多々あったので

出てきた言葉がこれだったんです。

でも表現を変えると、

夫はいつでも夫自身が一番。

自己愛がすごい。

夫≧私ではなく、夫>私。

でも私は

夫≧私、か、夫>私、で

自分の事を二の次にしていたので

自己愛は自分ではある方だと思っていましたが、夫ほどではなかった。

だから、夫の要望を優先する事の方が断然多かった。

>の下に=があるかないかでは大違いだと個人的に思います。

でも、夫は

『君の事を一番に考えている。』

と言うんですよ。

多分、本人的にはそうなんだと思うのですが

言っている事とやっている事がちぐはぐなので

私は余計に混乱していたようにも思います。

だってねぇ…

結婚した時には

「どんなことがあっても毎年日本に里帰りさせてあげるから!」

って言っていたのに、私が最後に日本に帰ったのは約3年前…。

その間、夫が欲しい物、やりたい事に使ったお金は

余裕で私が3回(以上)日本に帰れるだけの金額です。

だから、なんか違和感がでてきて

それが夫へのイライラとなっていってたのかな、って

今なら思います。

本当に今更なのですが、

スピリチュアルとか引き寄せの法則関連の本で

お金と愛って一括りにされている印象があるのですが

その理由が分かった気がしました。

私、子供の頃から『家族団欒』という単語が大嫌いで

『愛』というものも、ずっと軽視していたんですよね。

今でも『愛』にはさほど興味がなくて

スピリチュアルとか引き寄せの法則関連の本を読んでて

『愛』がテーマのところに来たら、読み飛ばすほど興味がありません。

『愛』と『お金』、深いです。

私の自己愛が高まって、

私>夫、私≧夫になった時、

何か変わるのかな?

興味津々なので、

やれることから、やってみたいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする