私の犬がベジタリアンだと思っていた理由とベジタリアンではない事が発覚した出来事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

これは、私がカナダに来たばかりの頃の話です。

今でもたまにこの思い出話をして夫と大爆笑しています。

カナダは英語とフランス語が公用語なので

お店で売られているものは英語とフランス語の両方で記載されています。

今となったら笑い話でしかないのですが、

フランス語で書かれているパッケージを見ながら

”何やろ、この単語?多分私の知らん英単語か。”

とお店で悩むことがカナダに来たばかりの頃は度々ありました。

フランス語独特のáみたいなアルファベットの上に’があるのを見た時には

”あ、フランス語の方を見てたのか!”

と気付けますが、そうでない時には英語なのか、フランス語なのかよく分からず

分からない単語=私の知らない英単語と思っていました。

それで、買い物に行く時にはどんなパッケージなのか?というのを覚えて

買い物をしていた時期がありました。

買い物かごに入れる時に一応パッケージに記載されていることも見ていたのですが、

それよりもパッケージの外見チェック重視で買い物をしていました。

前置きが長くなりましたが、

私と夫が飼っていた犬はこちらのドッグフードをいつも食べていました。

このBenefulというドッグフードには

チキンのほかにビーフとか色んな種類があって

ビーフは赤色のパッケージなど、種類によってパッケージの色が違います。

私は夫に

「This is the only dog food that our dog can have.

Or she might get sick.」

と言われていました。

このように言われていた私はなぜか、

パッケージが緑=私たちの犬はベジタリアン!

と思い込むようになりました。

間違ったものを買っては大変なので

スーパーにドッグフードを買いに行くたびに

『緑のBeneful』を探していました。

一応買う前にパッケージに記載されていることも見てたような気がするのですが

それよりもパッケージの外見チェック重視だったので『緑のBeneful』を見つけたら

”これで間違いない!”と確信をもってレジに向かっていました。

もうね、自分の思考回路が不思議でたまらないです。

犬は何でも食べるんじゃないの?って思っていたのに、

夫に厳しく「このドッグフード以外の食べ物はあげないように!」

と言われていたので、私は本気で

”私たちの犬は何か健康上に問題があってベジタリアンなんや”

と思っていました。

でも、英語力が乏しかったのでいちいち夫に聞くのが面倒だったので、

勝手に私たちの犬は健康上問題があってベジタリアンだと思うようになっていました。

ある日、『緑のBeneful』が近所のスーパーでお安くなっていたので

一人で買いに行きました。

ドッグフード売り場に行くと、棚には在庫がありませんでした。

でも上を見上げてみると私の欲しい『緑のBeneful』が!

でも手が届かないので、店員さんに声を掛けて

「I would like that green one.」

と言いました。すると店員さん、

「OK! You mean chicken, right?」

と言われ、私、軽くパニックに陥りました。

でも他に『緑のBeneful』はないので、渡された『緑のBeneful』を見てみると

chickenと表示されているではありませんか!もう、ビックリでした。

私、もう少しで

「No, I don’t want chicken. My dog is vegetarian.」

と言うところでした。危なかったです。本当にもう少しで言いかけました。

スーパーで大恥かくところでした。

家に帰って夫にスーパーでの出来事を話すと、

お腹を抱えて大爆笑されました。

夫は、私がパッケージの外見を覚えて買い物をしていたのを知っていたのですが、

まさか緑のパッケージ=ベジタリアンという発想をしていたとは思わなかったみたいです。

嘘みたいな話ですが本当の話で、

私は私たちの犬が健康上問題があってベジタリアンだと、本気で思っていたんです。

チキンを食べていると分かった時の衝撃は、言い表せません。

この犬が私の人生で初めての犬だったこともあり、犬に対する知識が乏しかった上に

私の英語力も乏しく、英語表記とフランス語表記に惑わされる日々だったので

私の思考回路がおかしくなって、犬がベジタリアンだなんて思っていたんだと思います。

後は私が、

”ベジタリアンの犬なんかおるん?なんでこの特定のドッグフードじゃないとあかんのやろ?”

と思った時に夫に質問をすることができればよかったのですが、

とにかく英語で話すことが当時の私にとっては大仕事で面倒だったので質問しなかったから

こんなことになってしまいました。

でも、今となっては面白い思い出話です。

今はさすがにもう、パッケージに記載されている言語が英語がフランス語かも分かりますし

パッケージの外見を覚えて買い物することもありません。

私の英語力はまだまだネイティブスピーカーレベルには及びませんが、

昔の自分を振り返ると随分成長したなと思います。

言語ができないと、自分でも信じられないような変な想像力が働くものなんだと、

自分で自分に感心した出来事でもあります。

何か疑問に思ったことがあったら、自分の英語力を言い訳にせず

ちゃんと質問しないとダメですね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする