ネイティブスピーカーのパートナーがいる事での弊害と語学学習に関して思う事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

ネイティブスピーカーのパートナーがいる人あるあるかと思うのですが、

「旦那さんが英語ペラペラやから、英語話せるようになるのなんて楽勝やろ?」

「旦那さんがネイティブスピーカーやから得してるよね。羨ましい。」

「旦那さんがネイティブスピーカーやしカナダに住んでるから英語なんて勝手に身につくんやろ?」

といった感じの事を、まぁまぁな頻繁で言われます。

日本に住んでいて、英語(語学の勉強)に興味のない人に言われるのなら

”語学の勉強に興味がないから、そう思われても仕方ないか。ははは。”

と笑ってスルーできますが、私と同じくカナダに住んでいる人に言われると

”え?!それは違うと思うけど…”

と思ってしまいます。

私は、ネイティブスピーカーのパートナーがいるからこそ

ついてしまった悪い癖があり、未だに直りません。

ネイティブスピーカーのパートナーがいる事での弊害

夫に頼る癖がいつまでたっても抜けない

私は元々ワーホリでカナダに入国しました。

今と比べたらめちゃくちゃ乏しい英語力だったのに、

当時の私の方が行動的で、色んな事を頑張っていました。

というよりも、頼る人がいなかったので自分でやるしかなかったのですが。

今思えば、よくも一人で銀行に行って銀行口座を開設したり

SINナンバー(カナダで働くために必要で、日本のマイナンバーみたいなものです。)の

申請に出かけたり、携帯の契約をしたり、頑張ったなと思います。

ところが、夫と付き合うようになってからは

何もかも夫に丸投げするようになってしまいました。

カフェやレストランでの注文、その他諸々、自分が英語でやりたくないことは

全部夫にやってもらっていました。

夫としても、まだカナダに来たばかりで英語が全然話せない私の役に立てるなら、と思ったのか

嫌がることなく、いつでも助けてくれていました。

そして、それが夫にとっても私にとっても普通の事になってしまっていました。

でもそれなりに英語を話せるようになっても夫に頼りっきりの私を

夫は重荷に感じ始めていたのだと思います。

ついに、夫から溜息をつかれ、夫がヘルプ拒否する出来事が起こりました。

夫、とうとう私の態度に愛想をつかす。

ちょっと前からスマホの機種変更を考えていました。

携帯会社のHPからログインすれば自分の契約内容を確認できると思ったのですが

2年半前に夫と一緒に機種変更をし、その時に契約プランをファミリープランに変えたことで

夫にしか契約内容を確認する権限がなくなってしまっていました。

(多分、夫の名義で私のスマホを契約しているからだと思います。)

スマホをお安く機種変更しようと思ったら2年契約が条件となるのですが、

スマホをお安く買う代わりに高いプランに申し込まなければいけない場合があります。

元々電話やメールを頻繁にするわけではないので、

月々の支払いが高くなるなら機種変更しなくていいや、と思っていたのですが

HPでは何の情報も得られなかったのでお店で店員さんに聞く必要がありました。

私は夫にこのことを言っていたので、

お店でもてっきり夫が対応してくれると思っていたんです。

ところが、私に頼られてばかりで嫌気がさしてきたようで、

店員さんに話しかけられても夫は「Hello.」しか言わず、

私を助けてくれようとする気配が一切ありませんでした。

こんなこと、今まで一度もなかったのでちょっとびっくりしたのですが、

”とうとう、この日が来たか…。今まで頼りすぎてたからな(;´∀`)”

とも思いました。反省です。

夫がくれたきっかけ

夫と一緒にいる=夫に話してもらう

というルール(?)みたいなのが私と夫の中で出来上がっていました。

でも、夫は薄々”いつまで俺に頼るんやろう?”と思っていたのでしょうね。

久々にヘルプ拒否をされ、自分がどれだけ夫に甘えていたのか気付いて反省しました。

自分で何も頑張ってないのに

「英語で対応するの嫌や…。自信ないねん。」

なんて言ってる場合じゃないです。

なんなら夫が一緒にいてくれる時はミスしても変な言い回しをしても

夫が助けてくれる(はず)なので、挑戦する絶好の機会です。

夫がネイティブスピーカーなので

リスニング力の向上は早かったほうかもしれませんが

スピーキング力と行動力に関しては

夫がネイティブスピーカーであることが弊害になってしまったかもしれません。

ネイティブスピーカーのパートナーがいることは得な事ばかりのように思われがちですが

全くそんなことはなく、むしろ私のように悪い癖がつく場合だってあります。

語学学習は本人次第

「旦那さんがネイティブスピーカーやから一緒にいるだけで英語話せるようになるやろ?」

という人がいます。

じゃ、私の夫はなぜ日本語を話せないんでしょうか?

夫は、日本語のネイティブスピーカーである私と暮らしていますが日本語はほぼ話せません。

カナダに住んでて、私と話す以外には日本語を話す機会がないから日本語を話せないのでしょうか?

じゃ、日本で英語の勉強をして、ある程度英語を話せるようになった方は

なんで英語を話せるようになったのでしょうか?

日本に住んでる限り、英語の必要性は感じませんし、話せなくても生きていけます。

でも、話せるようになる人もいるんです。違いは何なんでしょう?

夫が日本語を話せないのは私が教えないからだ、という人がいます。

果たしてそうなのでしょうか?

夫が日本語を話せないのは、夫に日本語を勉強する気がないからであって、

私が教えないからではないはずです。

たまーに、夫に日本語に関する質問をされた時には答えられる範囲内で答えています。

もし夫がもっと日本語に興味があって、私に質問する回数が多ければ

今頃夫も片言くらいの日本語は話せるようになっていたかもしれません。

私は結局のところ、本人のやる気次第だと思っています。

ネイティブスピーカーのパートナーがいる事で得することがあるのも事実ですが

私のように甘えっぱなしでは向上しない事があるのも事実です。

自分では結構英語の勉強を頑張ってきたつもりでしたが、

まだまだ頑張りが足りないようです(;´∀`)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

☆ランキングに参加しています☆

よろしければ、応援お願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする